USBメモリウイルスの感染にご注意を!
USBメモリウイルスの感染にご注意を!

!! ついに正規版公開!!



Windows 10 のうれしい新機能
2015/07/29時点で, Windows 10インストール用の「メディア作成ツール」公開されました。
  1. Windows7 から Windows 10 へのアップグレード手順
  2. Windows 10 正規版対応 Classic Shell 4.2.4(スタートメニュー)
  3. Windows 10の機能の一部紹介
  4. すべてのアプリ
  5. ジャンプリストの表示
  6. タブレットモードでのスタートメニュー
  7. テーマによる配色の適用範囲
  8. 右クリックメニューのスタイル
  9. 文字の大きさ
  10. 検索バーのメニュー
  11. Microsoft Edge
  12. 設定
  13. 設定とセキュリティ
  14. 電源
  15. タスクバーのメニュー
  16. タスクバーのディスクトップで マイコンピュータ(PC) を表示する。
  17. GodMode(コントロールパネルの詳細表示)
  18. Windows 10 アップグレード時の重要な注意・制限事項
  19. 動作確認したアプリ
  20. まとめ
  21. Windows 10 メディア作成ツールで手動アップグレードを試す

Windows7 から Windows 10 へのアップグレード手順



2015年7月29日にリリースされた「Windows 10」は、
Windows 7やWindows 8.1などの既存のWindowsユーザーも1年間限定で無償アップグレードが可能です。
"Windows 10を一刻も早くインストールしたい!" という人は、Microsoft公式「メディア作成ツール」が
公開されており、速攻でインストール・アップグレードできるようになっています。

Windows 10 をダウンロードするには、メディア作成ツール を使用します。
Windows 7/8/8.1 を利用の場合、このツールを使用することで、スムーズにダウンロードできます。
ツールの機能は次のとおりです。

  1. Windows 7 を起動する。
  2. Windows 10用のダウンロードツールをダウンロードする。
    32ビットバージョンと64ビットバージョンがあるので、アップグレードしたいPCに対
    応する方をダウンロードする必要があるのには注意です。
  3. Windows 7 は 64ビットなので MediaCreationToolx64.exe をクリックしてインス
    トーラーをダウンロード。
  4. ダウンロードしたインストーラー(MediaCreationToolx64.exe)を
    クリックして実行する。
  5. ここからは OS を上書きしてWindows 10にアップグレードする方法

    今、使っているPCを上書きしてアップグレードするには、
    「○このPCを今すぐアップグレードする」を選択して 次へ(N) を クリックしてする。

  6. Windows 10のダウンロードがスタートします。
    Windows 10のダウンロードしています が表示されます。

  7. 準備中が表示されます。

  8. 更新プログラムをダウンロードしています。

    しばらくすると, 準備中が表示されます。

  9. 再度 更新プログラムをダウンロードしています。 が表示されます。

  10. ライセンス条項が表示されたら……
  11. 下まで読み進めてから、「同意する」をクリック。
  12. 更新プログラムのダウンロードが完了するまで待つ ひたすら待つ……
  13. いよいよインストール作業を始められます。
    「インストール」をクリックする。
    なお、ファイルやアプリなど引き継ぐデータを選択することも可能です。



  14. Windows 10 をインストールしています。
    PCは数回再起動されますしばらくお待ち下さい。が表示されます。

  15. 間もなくPCが再起動されます が 表示されます。

  16. するとPCが再起動して、Windows 10のインストールがスタートするのでしばらく待ちます。
  17. 何度かPCの再起動を繰り返しながらインストール作業が続くので、ひたすら待ちます。
  18. インストールが完了すると、
    「ようこそ、こんにちは」と表示されるので、「次へ」をクリック。
  19. 無線環境の場合は下記のメッセージが出ます。
    その場合, この手順をスキップする をクリックして下さい。
    このとき回線を繋げると ローカルアカウント でログインすることができなくなる。

  20. 後は、指示に従って設定を選択して進めて下さい。
    通常は, 「簡単設定を使う」-- 「次へ」をクリックする。
  21. 「こんにちは」
  22. 「PCのセットアップをしています」
  23. 「しばらくお待ち下さい」
  24. 「最後の処理をしています」
  25. 「さあ始めましょう」と表示されると……
  26. Windows 10のデスクトップ画面が起動しました。

    これにて無償アップグレードは無事完了。
    新規導入と違いWindows7のタスクバーなどの表示がそのまま引き継がれます。

    システム情報

    スタートボタンをクリックすると

Windows 10 正規版対応 Classic Shell 4.2.4



Windows 10 正規版に対応した Classic Shell 4.2.4がリリースされました。
日本語化は Classic shell 4.2.1 日本語化ファイル で可能。
現時点 2015/08/14 動作確認済みです。


Classic Shell 4.2.4の導入&日本語化

  1. Classic Shell 4.2.4 をダウンロードする。
  2. ClassicShellSetup_4_2_4.exe を右クリックして管理者として実行する。
  3. NEXT をクリックする。
  4. □ I accept the terms in the License Agreement にチェックを入れる。
  5. お勧めは Classic Start Menu のみにして Classic Explorer, Classic IE, Classic Shell Updateは外す。
    ▼ラジオボタンをクリックして × Entire feature will be unavailable を選択する。
  6. Next -- Install の順にクリックする。
  7. □View Readme file のチェックを外して Fnish をクリックする。
  8. 左下のスタートボタンを右クリックして 終了 をクリックする。
  9. classic shell ver.4_ja.zip をダウンロードする。

  10. classic shell ver.4_ja.zip を解凍して ja-JP.dll
    C:\Program Files\Classic shell フォルダに コピーする。
  11. C:\Program Files\Classic shell\ClassicStartMenu.exe を管理者としてクリックする。
  12. 左下のスタートボタンを右クリックすると 設定ウインドウ が開きます。
    日本語になっているはずです。

  13. 日本語になっていない場合は □Show all settings にチェックを入れる。
  14. Language タブ をクリックする。
  15. 日本語を選択して OK をクリックする。
    Classic Start Menu の終了を指示するウインドウが表示されるので OK をクリックする。
  16. 左下のスタートボタンを右クリックして 終了 をクリックする。

  17. C:\Program Files\Classic shell\ClassicStartMenu.exe を管理者としてクリックする。
  18. 左下のスタートボタンを右クリックして 設定 をクリックして 好みの設定 を行って下さい。

Windows 10の機能の一部紹介



設定によって全画面で表示することは可能。

「設定」アプリ,「パーソナル設定」,「スタート」項目内の「全画面表示のスタート画面を使う」をオンにする。
また、「エクスプローラー」や「ドキュメント」といった項目が下に移動している。
移動しただけではなく、非表示にすることもできる。

「設定」アプリ,「パーソナル設定」,「スタート」項目内の「スタート画面に表示するフォルダーを選ぶ」より
設定することができる。

「エクスプローラー」や「ドキュメント」だけでなく、「設定」も非表示にすることができる。
他にも「ダウンロード」,「ミュージック」,「ピクチャ」といった項目も表示できる。

他にも、検索バーを非表示にしている場合でもスタートメニューに検索バーが表示されていたが、表示されなくなった。
画面の大きさによって挙動が違うのかは不明だが、画面が小さい場合だとスペースを独占されなくなったので助かる。
また、1024x768の画面サイズでも、メニューを横に引き延ばすことで、アイコンを2グループ(計6列)表示できるようになった。

すべてのアプリ



「すべてのアプリ」を開き、文字をクリックすると、文字別のメニューが出てくる。
「アプリ」と「デスクトップアプリ」がごちゃまぜなので、種類別のほうが分かりやすい。
また、「最近追加されたもの」に「展開/折りたたみ」ボタンが追加された。

ジャンプリストの表示



「>」をクリックすると表示される。


タブレットモードでのスタートメニュー



左側に電源ボタンとすべてのアプリボタン、右側にピン留めしたアイコンが表示されている。
左上のをクリックするとメニューが出てくる。
戻る をクリックすると元に戻ります。


テーマによる配色の適用範囲



通知関連やカレンダーにも適用されるようになった。
色や適用範囲については、設定アプリより設定できる。
透ける設定(Aero)についてもここで切り替えが可能。

右クリックメニューのスタイル



タスクバーに表示されているものを右クリックすると出るメニューのスタイルが変わった。
また、デスクトップなどを右クリックすると出るメニューも心なしかスタイルが変わっている


文字の大きさ



タイトルバーなどの文字の大きさを個別に変更できるようになった。
「コントロールパネル」,「ディスプレイ」から変更可能。

検索バーのメニュー



タスクバーを右クリックして 検索(H) のところにマウスを持って行くと三つのメニューがある。

・ 表示しない(N) --- タスクバーに検索のメニューが表示されなくなる。
・ 検索アイコンを表示(W)
・ 検索ボックスを表示(B)

テーマの色を変えても文字と左メニューの色が変わるだけで、検索ボックスの黒い背景は変わらなかった。


Microsoft Edge



Project Spartan から Microsoft Edge に名称が変更となった。

また、いくつかの機能も追加されたり修正された。
・ New Tab(開始)ページが追加
・消しゴムの挙動
・黒いテーマの追加
URLを入力すると Microsoft Edge が起動して開く。
このウインドウの右上のアイコンをクリックすると Internet Explorer で開く を選択できます。

設定



設定項目は下記の通りです。
・ システム ------------------------ ディスプレイ, 通知, アプリ, 電源
・ デバイス ------------------------ Bluetooth, プリンター, マウス
・ ネットワークとインターネット -- Wi-Fi, 機内モード, VPN
・ パーソナル設定 ----------------- 背景, ロック画面, 色
・ アカウント --------------------- アカウント, 同期の設定, 職場, 他のユーザー
・ 時刻と言語 --------------------- 音声認識, 地域, 日付
・ 簡単操作 ----------------------- ナレーター, 拡大鏡, ハイコントラスト
・ プライバシー ------------------- 位置情報, カメラ
・ 更新とセキュリティ ------------ Windows Update, Windows Defender, バックアップ, 回復, ライセンス認証, 開発者向け


設定 - 設定とセキュリティ



設定とセキュリティの項目は下記の通りです。
Windows Update
Windows Defender
バックアップ
回復
ライセンス認証
開発者向け



電源


・ スリープ
・ シャットダウン
・ 再起動


タスクバーのメニュー


タスクバーを右クリックすると以下のメニューが表示されます。

タスクバーのディスクトップで マイコンピュータ(PC) を表示する。


タスクバーを右クリックしてツールバーのところにマウスを移動して
ディスクトップ(D) にチェックを入れる。
するとタスクバーの右側に ディスクトップの表示が現れる。

この横の >> を右クリックすると下記のポップアップメニューが表示される。

ポップアップメニューの PC を右クリックすると下記のポップアップメニューが出る。
プロパティ(R) をクリックするとコンピュータの基本的な表示が出る。
デバイスマネージャーなどの項目が選択できるようになる。
コントロールパネル -- システム と同じ表示結果になる。

Windows 10 アップグレード時の重要な注意・制限事項

Windows 7またはWindows 8.1からWindows 10へアップグレードした後、
「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」→「このPCを初期状態に戻す」で
「個人用ファイルを保持する」または「すべて削除する」の操作を行うと、
プレインストールされているアプリケーションやドライバが全て削除され、
Windows 10がクリーンインストールされたような状態になります。
この状態になると元に戻す事ができません。
Windows 10へアップグレードした後は、「このPCを初期状態に戻す」の操作は行
わないでください。
なお、アップグレード後30日以内であれば、
「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」で
「Windows 7に戻す」または「Windows 8.1に戻す」の操作により、
Windows 10へアップグレードする前の環境に戻すことも可能です。
(HDDやSSDの空き容量が少ないと、この機能を使用できない場合があります)。

動作確認したアプリ

  1. Jw_cad for Windows Ver 7.11
  2. HO_CADPao Ver 1.4.6.1
  3. WinFM32 - 互換モード設定が必須
  4. annsFM 1.2.5
  5. JacConvert Ver 3.09b
  6. Office 2010/2013
  7. Docuworks Ver 7.34
  8. TeraPad Ver 1.09
  9. K2Editor r.1.5.9 Build 522
  10. AutoCAD LT 2016
  11. ProTrans 2015
  12. 秀丸メール Ver 6.45
  13. Mailwasher Pro 7.5.5
  14. IrfanView 4.38
  15. ESET Smart Security Ver 8.0.3

まとめ

キーボードとマウスを使うデスクトップPCやノートPCでの使い勝手が大幅に向上している。
Windows 10 は企業でも使いやすそうです。

動作環境

トップページへ戻る


Last Modified 2015-08-13 © N.Misumi 2015 - All Rights Reserved